時効を考慮して返済中に過払い請求

大事な事でもついうっかりと忘れてしまう事が多いという人は、過払い請求をするのを忘れてしまわないかという事で不安な人もいる様ですね。

返済が終われば借金の事なんて頭から離れてしまうかもしれないと思う人は、返済中に過払い請求を行っておくのもいいでしょう。

過払い請求ができるのは返済中から時効が過ぎるまでのタイミングで自由に好きな時に行う事ができます。時効は10年ですので、忘れた頃にやってくる事も多いでしょう。

しかし、手続きを返済中に行ってしまうと、借金の負担も少し楽になるかもしれませんし、これ以上は時効について心配する必要もありませんね。いつのタイミングがベストか考えたいですね。

安易な借金による過払い請求

最近、町の至るところやTV等で、消費者金融のCMを見たり、銀行のカードローンの広告を目にしたりします。広告のお手軽感からか、旅行の資金が足りない、家をローンで買いたいなどの理由からそうした消費者金融に手を出す人もいれば、皆にリッチだと思われたい等の見栄でクレジットカードの買い物を繰り返す買い物中毒の人も増えてきました。

そういう人は、大抵、自分で調べずに広告の内容や業者の話を鵜呑みにした結果、過払い請求が増えるようです。更に、そういう借金を所謂ヤミ金等から借金して返済するようになり雪だるまのように膨らんでいく多重債務にも陥るという、負のスパイラルです。

過払い請求に悩む前に相談

一時期テレビCM等でキャッシングカードやクレジットカードのCMが流されていて利用した方もけっこう居ると思います。多重債務の場合、分割払いをいくつも重ねた結果の借入金を返済しているのか、利息を払っているのかが解らなくなることがあります。

そんな時には過払い請求に強い法律事務所などを利用しましょう。利率の改正の影響で過払い金が有るかもしれないので、余剰分が帰って来るかもしれません。多重債務や過払い金が有る人は迷わず相談すると良いでしょう。弁護士も業務として取り扱っていますが、過払い請求を専門にしている会社の方が相談しやすいでしょう。

過払い請求において気をつけること

過払い請求において気をつけることとして、債務を完済した時期がいつかということがあります。請求はいつまでも可能というのでは無く、この請求権には時効が生じます。そこで多重債務があり、それぞれの完済時期が異なる場合に、ある債務については請求が可能でも、別の債務については時効により請求をすることができない場合があります。

そのため多重債務を負っており、過払い請求ができるかもしれない可能性がある場合には、まずはそれぞれの債務をいつ完済したのかを正確に把握し、時効になる恐れがある場合には、個別に請求を早急にする必要があります。

過払い請求は無料で可能

過払い請求は無料でできるという事を知っていますか。最近はテレビCM等でも流れていますが、どちらかと言えばネガティブな内容なのに話題になる理由はその需要です。つまり、過払い請求をすれば、お金が戻ってくるケースが多いという事です。

多重債務を抱えている人ほど、可能性は高いと思います。請求にあたっての費用を気にする方もいると思いますが、弁護士に依頼をしても依頼費用は戻ってきたお金から支払う事になります。つまり、請求だけであれば無料ででき、もしも戻ってくるお金が無い場合は特に費用は発生しません。過去に借入経験がある方は一度、相談してみてはいかがですか。

過払いの請求関連

MENU

TOP 過払いとは 過払い請求と時効 債務整理 債務整理する際の注意点 交通事故弁護士 弁護士 離婚相談