ローンと債務整理

物事において優先順位を考えて重要性の高い事柄を優先されるという事は日々の生活の中において求められる事もあります。債務整理で自己破産を選択すると、その後は住宅や車などを購入する際などに利用するローンを組めなくなってしまいます。

ローンが組めなくなる事を恐れて、債務整理で自己破産の選択をするのにためらってしまったり、判断が遅れてしまう事がない様にしたいですね。

やはり、借金というのはお金の問題の中でも特に大きな問題ですので、債務整理で自己破産をして、きちんと解決しておくという事が求められる状況というのもあるかと思います。自分にとって何を一番優先しないといけないのか考えたいですね。

司法書士の報酬は、何の勘定科目ですか

司法書士に、源泉所得税を除いた金額を支払ったとします。 仕分けの勘定科目は下記の通り処理をします。

1)司法書士から送られてくる請求書を確認して、登録免許税や印紙代は租税公課に計上します。

2)司法書士等の報酬の支払いには、源泉所得税の徴収が必要で、預かり金勘定に計上します。租税公課は国への支払いであって、報酬とは別個です。

3)徴収した源泉所得税は、原則として徴収月の翌月10日までに事務所に税務署に納付します。

4)司法書士への報酬に支払いと源泉所得税の合計は支払い手数となります。

債務整理の中の任意整理の長所

債務整理における任意整理には、多くのメリットがあります。まずは、弁護士や司法書士が代理人となることで、本人への直接的な請求が止まるという点が挙げられます。そのため、家族に内緒で手続きを進めることができます。

自宅への督促行為の一切を止めることができるので、精神的な負担も大幅に軽減できることが期待できます。次に、債権者との交渉の際に、将来発生する利息を削減してもらえる可能性があります。そうなると、元金のみの返済となります。そして、任意整理の手続きは裁判所を通さないことから、本人への負担も小さいところが特徴です。

債務整理手続きの情報収集

多額の借金を抱えている方は、毎月の支払いが苦しく約定金額の支払いが払えずに利息のみを返済する事もあるでしょう。払っても残高は減らない状況だと、実際の生活だけでなく、精神的にもきつく感じます。

そんな時は任意整理などの債務整理の手続きをしましょう。情報収集をして司法書士事務所へ出向き、手続きを完了させて下さい。1社毎に調査費用がかかりますが、利息の払い戻し過ぎがあれば、その額の3割が司法書士の取り分、場合によって数年間はクレジット関係の分割ローンが組めないとの事にもなります。メリット、デメリットありますが、借金の返済に苦しんでいてどうにも解決の糸口が見えない方は手続きを検討して下さい。

債務整理で借金生活から抜け出せる可能性があります

過去に背負ってしまった、借金問題を解決するひとつとして、任意整理などの債務整理があります。その際、自分で行うこともできますが、膨大な労力と時間が掛かり、専門的な知識も必要となります。

弁護士や司法書士等の専門家に処理を依頼することもでき、その場合はその人に合った債務整理の方法を提案してもらえて、処理のための交渉や事務手続きを依頼者に代わって行ってくれます。まずは、依頼する専門家を決めるために、インターネット等で調べ、電話やメールで問い合わせをしましょう。何件か複数相談することによって、自分に合った専門家を見つけることが重要となります。

債務整理とグレーゾーン金利

お金の貸し借りをするときには、必ず金利が発生します。その基準は利息制限法により、元本の15から20パーセントと上限が決められています。しかし一方で、出資法では29.2パーセントまで可能となっており、この間の金利のことをグレーゾーン金利といいます。

このことで多重債務などの問題が生じたのです。しかし、近年グレーゾーン金利が廃止され、金利は利息制限法の上限である15から20パーセントまでとなりました。そのため、債務整理や任意整理をすることで、払い過ぎた金利つまりは過払い金が発生するようになりました。自分にどれくらいの過払い金があるのかは、近くの法律事務所に相談してみてください。

MENU

TOP 過払いとは 過払い請求と時効 債務整理 債務整理する際の注意点 交通事故弁護士 弁護士 離婚相談