司法書士が行う債権回収の流れ

司法書士の仕事の一つに、債権回収という業務も存在します。
基本的に、業務の流れといたしましては、まずは内容証明郵便により支払いを求める書状を出します。
時効の成立を防ぐためです。

すぐに支払えないときには、債務存在の証明書を書いてもらいます。
その後、相手の方に支払いが内容なら、司法書士としては裁判所に支払い督促の督促状を送ります。

それでも支払いがなく督促に異議を出した時には、通常の訴訟に移行することになります。
ですが、司法書士の業務は140万円以下の債権に限って裁判の代理人をすることができるのであり、それ以上の金額の場合には、司法書士としてはその時点で業務ができなくなるので注意してください。

後は、費用の関係上、異議が出された時に依頼人の費用倒れが懸念されますので取り下げをすることもあります。