司法書士が行う債権回収の流れ

司法書士の仕事の一つに、債権回収という業務も存在します。
基本的に、業務の流れといたしましては、まずは内容証明郵便により支払いを求める書状を出します。
時効の成立を防ぐためです。

すぐに支払えないときには、債務存在の証明書を書いてもらいます。
その後、相手の方に支払いが内容なら、司法書士としては裁判所に支払い督促の督促状を送ります。

それでも支払いがなく督促に異議を出した時には、通常の訴訟に移行することになります。
ですが、司法書士の業務は140万円以下の債権に限って裁判の代理人をすることができるのであり、それ以上の金額の場合には、司法書士としてはその時点で業務ができなくなるので注意してください。

後は、費用の関係上、異議が出された時に依頼人の費用倒れが懸念されますので取り下げをすることもあります。

債務整理をして良かったと思うこと

クレジットカードの支払いが毎月あると生活が苦しく、精神的にも追い込まれますよね。毎月給料日が来るたびに借金の支払いをしているという方もいると思います。払っても残高が減らず、精神的にも不安定な生活を送ることになります。

こんな時、法律事務所の相談無料に電話をしてみてはいかがでしょうか。相談に乗ってもらい、月々払えそうな金額を伝え、最初は事務所への手数料の支払いだけを払うことになるかもしれませんが、そのうち元金がどんどん減っていくのを実感できる状況に変わるかもしれません。任意整理などの債務整理をして、カードは利用できないなどの不便さがついてくるかもしれませんが、相談してみる所から始めましょう。

債務整理をすることで受けられるメリット

任意整理などの債務整理をすることによって受けられるメリットは何でしょうか。まず、弁護士及び認定司法書士が代理人となって手続きを進めると、直接の催促が止まります。貸金業者が、代理人から借金の委任について書面を受けた場合、正当なく借金の催促をすることが禁止されているからです。

次に、高い利率で借りていた場合は、過払い金請求の手続きを進めることによって債務額が減額され、更に過払い金の返還でお金が返ってくる可能性もあるということです。最後に、手続きをすることにより借金が減額もしくは免除されるので、将来の不安が軽減されます。

過去の借金を債務整理で処理できます

現代社会において、借金問題は社会問題になっています。借金を背負ってしまった人であっても、任意整理などの債務整理を行うことで、以前のような生活を送ることができる可能性があります。債務整理をスムーズに行うためには、弁護士や司法書士のような専門家に依頼した方が良いでしょう。

自分自身で処理しようとすると、膨大な時間と労力が掛かってしまうともあります。また、思わしくない結果になってしまう可能性も高くなってしまいます。 まずは、インターネット等で調べ、自分に合いそうな専門家に電話やメールでコンタクトをとってみましょう。

債務整理で拓ける明日

債務整理は、弁護士に介入してもらう必要があるのはもちろん、家族や知人などに借金をしていたことを知られる可能性があると考えると、躊躇してしまう方がいるかもしれません。しかし、おこなうことでさまざまなメリットがあります。

まずは、弁護士に相談して受任した時点で督促の電話などが一切なくなります。そして、弁護士と相談することで、月々の支払いに関する悩みが解消されます。毎日支払いのことや生活のことを考えて生きた心地がしないよりも、一歩踏み出すことで場合によっては過払い金が戻ってくる可能性もあるのです。まずは勇気を出して、任意整理などの債務整理をしたいと相談することが大切です。

債務整理関連

MENU

TOP 過払いとは 過払い請求と時効 債務整理 債務整理する際の注意点 交通事故弁護士 弁護士 離婚相談