クーリングオフは司法書士へ

本人の意思がないにも関わらず、断る事ができないために無理やり買わされてしまう事になった場合などには、クーリングオフと呼ばれる制度を利用して契約を取り消す事ができます。

これは悪質な業者から消費者を守るために制定されたものです。

しかし、手続きをしたいと思っても何をどうしたらいいのか分からない事もあります。その場合には、司法書士の所に行って経緯を話し、相談するとその後はクーリングオフについて代理で行ってくれます。

クーリングオフは手続きができる期間が決まっていますので、時間をかけてゆっくりとできない場合もあります。司法書士であれば素早く手続きを行ってくれるでしょう。

月々の支払いを減らしたいなら債務整理

知らない間にクレジットカードやローンの月々の支払いが増えてしまい、給料をもらっても大半が支払いに消えてしまったり、利息が多くて元金が全く減らずに悩んでいる方は、一度任意整理などの債務整理を検討してみてはいかがでしょうか。

債務整理は行政書士や弁護士事務所で依頼します。依頼を受けると、代理人が全て担当しますので、支払遅延の督促はもう来なくなります。これだけでも精神的な負担が減ります。また、基本的に利息分をカット前提で債権者と和解協議しますので、このまま支払いを続けるよりも、将来的に早く負債をなくせる方がいいでしょう。

債務整理の任意整理をするメリットと注意点について

債務整理は、債務者が債権者と交渉して借金を減額したり、一括払いの契約を分割払いに変更したりして、今よりも良い条件で返済できるようにする手続きのことです。中でも任意整理は、裁判所を通さず行えて手続きが比較的容易なため、多くの人が利用しています。

借金額が減って月々の負担が軽くなったり、弁護士や司法書士に依頼すると原則取り立ての連絡が直接来なくなったりするので、精神的にも楽になります。しかし、債務整理を行うとブラックリストに入ってしまい、数年間は新規の借り入れやローンの利用が制限されてしまうというデメリットもあります。単純に借金を減らしたいからという動機で安易に行うのは避けるべきです。

リボ払いで返済が苦しい場合も債務整理ができる

クレジットカードのトラブルで多いのが、リボ払いに関するものです。リボ払いは月々の支払額が一定で済むので、たくさん買い物をしてしまっても翌月の請求も同じ金額になります。しかし、通常の分割支払いに比べると金利が割高なことも多いです。

特に最近はクレジットカードを発行した際、最初からリボ払い設定になっていることもあるため、注意が必要です。このようにクレジットカードの請求で毎月返済が苦しいという場合は、債務整理を行って返済計画を立て直すのもひとつの方法です。任意整理の場合、裁判所を介さず債務者との直接交渉となるため、比較的手続きがしやすいという特徴があります。

債務整理と任意整理について

大抵のクレジットカードには、キャッシング枠というものがついていますので、現金が手元に欲しいときにATMで気軽にお金を借りることができます。出費が重なってしまって給料日までにお金が足りない、緊急で現金が必要といったときに大変便利ですが、金利が高めに設定されているため、使いすぎてしまうと返済に苦しむことになります。

債務整理をして金利の免除などの交渉をすれば、月々の返済にかかる負担を軽減することが可能です。任意整理を行う過程で過払い金が見つかり、返還されたお金で無事完済に至ったというケースもあります。

債務整理関連

MENU

TOP 過払いとは 過払い請求と時効 債務整理 債務整理する際の注意点 交通事故弁護士 弁護士 離婚相談