普段忙しい司法書士に相談をする際のマナーとは

司法書士は相続や登記が中心と考えられがちですが、最近では債務整理なども請け負うことが多く、裁判所に出向いたり、書類を作ったりときわめて忙しいものです。

ですから、何かで相談を行う場合は、まずアポを取ってからにしましょう。

忙しい中で飛び込みで来訪されることは、特に1人、あるいは少人数での司法書士事務所の場合、かなり迷惑を掛けることにもなるのです。最近では電話のみならず、来訪予約のためにメールフォームを、HPに設置している司法書士事務所も珍しくありません。

そういったものを利用して、きちんと予約を行ってから訪問するようにしてください。

また、スムーズに相談ができるよう、要点をメモしたものを持参するといいでしょう。ちなみに、司法書士事務所での相談は無料で受けてもらえるところが多いです。

借金の悩みは債務整理で解決

借金で困った場合の対応として、債務整理がありますが、基本的には弁護士もしくは司法書士に手続きを依頼する必要があります。債務整理の種類としては、任意整理、個人再生、自己破産と3つになります。

自己破産以外は借金の額が減額されるものの、引き続き返済をする必要があります。自己破産は返済の必要はありませんが、基本的に財産は全て無くなってしまいます。あとの2つは返済を続けなければなりませんが、財産はそのまま残ったり、自宅を残す事は可能です。ただ、個人再生、自己破産は裁判所への申請が必要で許可をもらわなければなりませんので、債権者との交渉のみで済む任意整理が一番簡単です。

債務整理は何か知っておく

債務整理はよく聞く単語ですが、その意味をおわかりの方は少ないと思います。似た単語として任意整理もありますので、この2つの違いについて、名称が違うだけと思っている人も多いでしょう。正確にはどちらも借金返済の方法になりますが、任意整理は債務整理の中の手段の一つという事になります。

弁護士等に依頼して、債権者と直接交渉をしてもらい借金を減額してもらう方法です。他の方法と比べても減額率は一番低いですが、他の方法と違って裁判所を通す必要はありませんので、比較的簡単にできる方法と言われています。当然、減額となるだけで借金が無くなる訳ではありませんので、減額後の借金に対して返済は必要です。

債務整理の手続きについて

債務整理は借金を減額したり、支払いに猶予を持たせることです。手続きには本来払う必要がないのに、貸金業者に払い過ぎたお金を計算して返還請求する過払い請求と、借金の減額や金利の直しなどを交渉して生活するのに支障のない範囲で支払っていく任意整理があります。

さらに、借金の支払いが大変だということを裁判所に認めてもらって、減額してもらった借金を3年から5年くらいの分割で支払っていくのは民事再生といいます。そして、財産や支払い能力がないことを裁判所に認めてもらい、法律上借金の支払義務が免除される自己破産があります。自己破産の場合は、家や車などがあれば手放すことになります。

債務整理におけるデメリット

債務整理をした場合、どのようなデメリットが起こりうるのでしょうか。まずは、信用情報機関に登録されることで、借り入れに一時的な制限がつくブラックリストです。任意整理では5年間と、手続き方法によって制限年数が違います。

これは個人で借り入れができないだけで、身内には制限がありません。次に、保証人の負担です。状況によりますが、一緒に手続きを行わなくてはならない、あるいは保証人に返済義務が発生することもあります。保証人に迷惑がかかるのは避けて通れないことでしょう。そのほかにも、一部職業が制限されたり、国の広報誌である官報公告で一般に開示されたりと、それなりのデメリットはあります。

債務整理関連

MENU

TOP 過払いとは 過払い請求と時効 債務整理 債務整理する際の注意点 交通事故弁護士 弁護士 離婚相談