交通事故弁護士に相談するメリット

交通事故が起きた場合、交通事故弁護士に相談するのは当然ですが、では、そのメリットは何でしょうか。それは、賠償金・示談金が増額するケースが多いことが挙げられます。高い確率でそれは叶います。本来、保険会社は、被害者本人には相場を下回る示談金しか提示しません。

しかし、そこにプロである弁護士が入ると、相場に近い金額まで示談金を増やして貰えます。中には、交通事故のケースで示談金の増額が叶わなければ弁護士の報酬はなしという思い切った広告を出している弁護士事務所もあります。弁護士が介入するとほぼ示談金が上がるということを意味しています。

交通事故にあった場合は、交通事故弁護士に相談

交通事故に遭ってしまった場合、交通事故弁護士に相談することで得られるメリットがたくさんあります。第一に、示談金が大幅に増額する点です。保険会社に相談した場合は、相場水準を下回る示談金の提示が多いのが現状なので、交通事故弁護士に相談する方が増えています。

また、弁護士に話すタイミングとして、治療終了直後が一般的には最善ですが、重傷事故の場合では、事故直後が望ましいです。示談書締結後など、手遅れになる前に相談することをおすすめします。24時間、相談を受け付けている弁護士事務所などもあるので、冷静に対処してほしいです。

被害者側からみる交通事故弁護士

交通事故が起きた時、弁護士を挟まず保険会社同士や保険会社と個人で解決される場合が多いようです。個人で被害に遭われた場合、相手の保険会社が提示した保険金や慰謝料が妥当か、過失割合に納得がいかないとゆうことも多いと思います。

交通事故弁護士を間に挟むことにより被害者自身も納得の行く結果、そして説明を受けられると思います。交通事故弁護士は交通事故解決に特化した弁護士です。相手側とのやり取りが面倒くさくなり有耶無耶に解決しがちですが、間にプロに入ってもらいしっかり解決をするというのは、交通事故加害者そして被害者共に大事なことではないかと思います。

慰謝料請求は交通事故弁護士に相談を

交通事故に遭って後遺症が残ったり、家族が亡くなってしまったりした場合、これからの生活を支えることにもなるのが慰謝料です。しかし、保険会社の言いなりになってしまい、後からどうすることもできず、低い金額に泣き寝入りする人もいるでしょう。そんな後悔をしないために、事故を多く扱う交通事故弁護士に相談するのがおすすめです。慰謝料や示談金も、保険会社の提示額よりアップすることが多いようです。何より事故に遭って動転しているなかの示談交渉や裁判は、素人にはとても冷静に対応できません。専門家として強い味方になってくれます。料金も任意保険の弁護士費用特約を使えば心配ないでしょう。

交通事故弁護士に依頼することで得られるメリット

交通事故を起こされてしまうと、被害者と加害者の間で話がこじれてしまい、解決が難しくなるのは、よくあることです。自分たちではどうすれば良いのかわからなくなったときには、交通事故弁護士に依頼することで、精神的な負担から解放されるでしょう。

依頼をすると、すぐに相手側との交渉をしてもらえます。このため、怪我をしてしまった場合は、治療に専念することができるのです。交通事故というのは滅多に経験しないことなので、遭遇したときに冷静に判断できなくなるのは当たり前のことです。そのために、専門家である交通事故が、被害者の代わりとなって対処してくれるのです。

交通事故弁護士関連

MENU

TOP 過払いとは 過払い請求と時効 債務整理 債務整理する際の注意点 交通事故弁護士 弁護士 離婚相談