手間が嫌なら過払いについて司法書士相談

何かと過払いの手続きを行う時には、不便さを感じる事もあると思いますが、その中でも特に手間が困るという意見もあるみたいです。過払いの手間が嫌だという人は司法書士に相談する事で、その問題は一気に解決する事でしょう。

司法書士に法律相談する事で、過払いの手続きは司法書士が勝手に進めてくれます。何か進展などがあれば、その際に司法書士から相談者に対して、過払いの事で報告される事でしょう。

また、司法書士に頼んでおくと、過払いの事を家族に知られない様に、手紙の送付や自宅への電話を控えてもらえる場合もあるみたいです。ですので、家族に知られないで対応してほしいという希望があれば、一度伝えてみるのもいいでしょう。

過払い請求について

近年、過払い請求に関するCMを見かける事が多くなりました。過払い金は、カードローンやキャッシングローンにより貸金業者から支払い過ぎていた金額の事を示します。また、その借金を返済する為、新たな貸金業者、何社からも借り入れを繰り返す事で、多重債務に陥る傾向があります。

過払い金の返還には期限があり、最後に借入、返済した日から10年が経過すると時効になってしまいます。現在、借金をしている方でも過払い金請求によって借金を完済したり、減額したりという事も可能なので、悩んでいるなら一度、過払い金請求を行うことがおすすめです。

払いすぎた利息の過払い請求ができる理由

昔消費者金融などでお金を借りていた方が過払い請求できる理由は、利息制限法と出資法との間にグレーゾーンがあったからです。現在このグレーゾーンはありません。利息制限法には罰則規定がなく、出資法を超える利息を請求すると罰せられるため、出資法を超えないギリギリの利息で消費者金融やカードローンなどはお金を貸していました。

そのため高い金利を支払わなければならなかった人は、多重債務に陥った方もおられる程社会問題になりました。しかし、裁判所が払いすぎた利息を返還しなければならないと判断を出したため過払い金請求を行えるようになっています。

借金と過払い請求の確認

カードローンやキャッシングからの借金で苦労されている方は多いかと思います。そんな状況で自分の借金やその知識について知る事は非常に重要な事だといえます。例えば、過払い請求は賃貸業者に払い過ぎていた利息を返還請求する事を指しており、利息制限法の上限を超えた利息で長期間において請求されていた場合などは過払い金が発生している可能性があります。

こういった知識があると多重債務で苦労されている方などは借金の減額や完済出来る事があるので、自分自身の状況の定期的に確認し、情報収集は重要な事といえます。また、詳細については弁護士の専門分野となるため相談する事も一つの手段となります。

過払い請求で払いすぎた利息を取り戻せる

過去に背負ってしまった借金や多重債務で払いすぎた利息を、過払い請求することで取り戻せる可能性があります。個人で請求することも可能ではありますが、膨大な時間と労力がかかってしまい、割に合わないこともあります。

そんな時には、専門の弁護士等に相談するとよいでしょう。専門家に任せることによって、簡単な手続きで過払い金を取り戻せることもあります。まずは、インターネット等で調べ、メールや電話でコンタクトを取ってみてはいかがでしょうか。そこで、自分の状況に合った専門家がいれば依頼してみてもいいかもしれません。

債務整理関連

MENU

TOP 過払いとは 過払い請求と時効 債務整理 債務整理する際の注意点 交通事故弁護士 弁護士 離婚相談