債務整理する際の注意点

消費者金融や銀行系カードローンで多くの借り入れをして、知らぬ間に多重債務になっている人がいます。そして、返済不能になって、困っている人がいますが、その人たちのために債務整理という手段があります。

これは弁護士か司法書士に依頼する必要がありますが、その時に注意しなければいけないこととして、一度債務整理をしてしまうと、その後、5年間程は、どこの金融機関からも借入ができないということです。何故なら、金融機関側が行う保証会社の調査で、その人物が、ブラックリストに載っているかどうかを知ることが可能だからです。

債務整理の手続きについて

債務整理は、借金を返せなくなってしまった多重債務者などを助ける法的な手続きです。手続きには4種類あります。任意整理、特定調停、個人再生、自己破産です。弁護士に相談するのはもちろん、国民生活センターの消費者センターでも相談を受け付けています。

債務整理にはメリットとデメリットが、4種類の方法によってそれぞれありますので、知識のある人に相談し自分に合った方法を選択し、最適な手続きで新たな人生をスタートすることができます。多重債務になってしまったならば、人生をやり直す気持ちで一度適切なところに相談してみるのも手段の一つです。

債務整理をお考えの方へ

借金返済で生活が成り立たなくなっている方、多重債務で返済すらも出来なくなっている方には債務整理が良いでしょう。一社から多額な借金の方も複数社から借金をしている多重債務の方も、返済を続けるだけの生活から元通りの日常へ戻すことができるのです。

債務整理には、過払い金請求、任意整理、民事再生、自己破産等があり、ご自身の社会的立場や家族の生活を守る為に、どの方法の手続きをするのか決めることをおすすめします。月々の借金返済額を減らすのか、資産をなくすことで借金を帳消しにするなど様々な方法があるので、自身の状況と照らし合わせながら考えてみましょう。

色々なやり方がある債務整理

色々ある債務整理の中で自己破産より任意整理の方がメリットは少し多くなっています。多重債務でも対応できます。何よりも、司法書士事務所で相談すれば、その日にのうちに任意整理を開始する段取りができ、借金返済の取り立てがすぐにとまります。

借金の額を減額して貰い、月々の返済額を少なくできますのでだいぶ楽になります。司法書士事務所に支払うお金も分割で無理のない形で払っていけるので助かるでしょう。任意整理を行うと会社にばれてしまうかもと心配する人もいますが安心して大丈夫です。任意整理をした後5年間くらいは新しくカードは作れませんが、その期間をすぎれば作れます。

債務整理に関する情報

借金の返済に苦しんでいる家庭を救い、新たな生活の一歩を踏み出す手助けとなるために債務整理があります。借金の月々の支払い額を減額したり、借金自体を帳消しにしたりする方法があります。

大まかに4つに分かれていて、特定調停と個人再生、ニュースなどでも聞き馴染みのある自己破産、多くの人が利用している任意整理があります。年間では約10万人程度と言われるほど、整理を行っている人は多いです。多重債務になってしまい、生活が苦しい家庭についても借金を精算することが可能ですが、規定年数は新たに借り入れを行えなくなるなど、デメリットもメリットと同様に存在しています。

債務整理関連

MENU

TOP 過払いとは 過払い請求と時効 債務整理 債務整理する際の注意点 交通事故弁護士 弁護士 離婚相談