離婚相談に弁護士を選択

場合によってはカウンセラーも離婚相談を受け付けている事がありますが、離婚相談の相手に弁護士を選択した場合には、法律家だからこそできる仕事もあります。

たとえば、離婚相談だけで終わるのではなく、その後の交渉をしないといけなかったり、また交渉でどうする事もできないのであれば、調停や訴訟になる事もあります。

離婚相談から次のステップに進みたい時には、弁護士であればそのまま依頼する事ができます。離婚相談先は自分の意志で決定する事ができますが、今後の事についても考えているのであれば、弁護士を選択してみてはどうでしょうか。また、弁護士がカウンセラーの資格を持っているという事もあるみたいですね。