交通事故弁護士に相談し示談の委任で損のない損害賠償を

交通事故の損害賠償金は、事故の当事者双方が話し合いの場を設けて決定します。この話し合いが示談交渉です。

多くの自動車保険には、もしも交通事故を起こしてしまった時に備えて示談交渉の代行サービスが付いています。よって、加害者側からは損保会社の示談担当者が交渉に参加します。一方、相手に対して賠償責任がないつまり過失割合が100ゼロの交通事故の被害者は自分の任意保険の示談代行サービスを利用できません。

交通事故の完全な被害者になってしまったら、事故からあまり時間の経たないタイミングで交通事故弁護士に相談して示談交渉を委任するのが安心です。加害者側の保険会社は賠償金額をできるだけ抑えて交渉を進めますが、交通事故弁護士のサポートがあれば被害者に損のないよう正当な賠償額を提示してもらえるからです。