交通事故弁護士に相談し示談の委任で損のない損害賠償を

交通事故の損害賠償金は、事故の当事者双方が話し合いの場を設けて決定します。この話し合いが示談交渉です。

多くの自動車保険には、もしも交通事故を起こしてしまった時に備えて示談交渉の代行サービスが付いています。よって、加害者側からは損保会社の示談担当者が交渉に参加します。一方、相手に対して賠償責任がないつまり過失割合が100ゼロの交通事故の被害者は自分の任意保険の示談代行サービスを利用できません。

交通事故の完全な被害者になってしまったら、事故からあまり時間の経たないタイミングで交通事故弁護士に相談して示談交渉を委任するのが安心です。加害者側の保険会社は賠償金額をできるだけ抑えて交渉を進めますが、交通事故弁護士のサポートがあれば被害者に損のないよう正当な賠償額を提示してもらえるからです。

交通事故弁護士頼れる味方

交通事故弁護士は交通事故を起こした時に、間に入って貰う弁護士の事を指します。相手と自分の間に入って良い方向へ行くように考えてもらえるのです。日本は高齢社会で高齢者ドライバーの方が沢山いますが、免許を持っている誰もが気をつけなければいけない事でしょう。

そんな困った人たちによりそい、警察官そして弁護士の方が相手の話し合いに入って、良い方向へ話を進めてくれます。また警察官との間に入ってくれて、保険会社にも間に入ってもらい、うまく話しがまとまるようにする弁護士です。自分と相手、そして警察や保険会社などの間に入って仕事をしてくれるのが交通事故弁護士だと思います。

交通事故弁護士に依頼した方が良いのか

交通事故で被害者になった場合、自身が掛けている保険会社に連絡して加害者の保険会社と示談の交渉を行うケースが一般的です。物損事故や軽傷事故の場合はこのような対処方法で間違いないでしょう。ただし、事故が重傷もしくは後遺障害が認定された場合は交通事故弁護士に依頼するのが最善の方法と考えられます。

交通事故の示談交渉を弁護士に依頼すると、ほぼ確実に示談金が増えるからです。一方で自動車保険会社に任せてしまうと、相場よりかなりの低い金額で示談が成立してしまうケースがほとんどです。例外として、保険契約のなかに弁護士費用特約があれば、相当の弁護士費用を支給して貰うことが出来るのでこの限りではありません。

一世帯に一人の交通事故弁護士特約

自分自身が自動車事故を起こしてしまった、相手の方ともめてしまい困った、家族が自動車事故を起こしてしまった、そんな時に頼りになるのが、交通事故弁護士さんです。

車を持っている方なら加入する自動車保険ですが、事故をしてしまった時に交通事故弁護士さんに弁護して頂ける費用を保険で賄う特約があります。実はこれ一世帯に誰か一人の保険にこの特約が付加されていれば、同居の家族もみんな対象になるのです。それを知らずに一人一人が皆この特約を付加しているとその分の保険料が上がってしまうので、自動車保険の更新の時などに、一度見直しをすると良いでしょう。

交通事故弁護士関連

MENU

TOP 過払いとは 過払い請求と時効 債務整理 債務整理する際の注意点 交通事故弁護士 弁護士 離婚相談