交通事故での弁護士相談と目撃者

やはり弁護士は交通事故における客観的な証拠がある方が、相手に対してその内容をより強くアピールできる事もあります。全く交通事故に関係のない目撃者がいれば、弁護士相談をするかしないかに関わらず、念のため連絡先を聞いておくなどしたいですね。

また、交通事故において弁護士相談するのであれば、必要に応じて目撃者に証言してもらう事の他にも、可能であれば、相手のナンバープレートや現場の写真を残しておくのもいいでしょう。そして、交通事故がどの様に発生したのか弁護士に話をする時にも証拠は使えるでしょう。

しかし、交通事故では生死にかかわる事もあるので、可能な範囲で証拠を集めて弁護士相談したいですね。