弁護士

依頼主と弁護士は信頼関係で成り立っています。依頼主の相談は借金問題や離婚問題、刑事事件など他人には知られたくないという人も多いともいます。

知られたくない話を弁護士には相談するわけですから、信頼関係が成立していないといけません。弁護士は守秘義務がありますので、信用できる存在です。

最近は離婚をする夫婦が増えてきているので離婚弁護士と呼ばれる離婚問題を専門とする弁護士の需要が高まってきています。子供がいた場合の離婚は養育費や親権などの問題が生じます。

法律の知識が無いと権利を主張することも難しくなります。そういった時、離婚問題を多く取り扱っている離婚弁護士に依頼すると良いでしょう。