過払いの時効

過払い請求ができる期間は限られています。

それは、あなたが最後に完済した日から10年が経過すると時効その金融業者に対する過払い請求権がなくなります。つまり時効を意味します。

また借入、完済を繰返ししている場合はその間隔が10年以上の開きがなければたとえ何十年前に借りたものであっても過払い請求権があり、法的にも効力があると言えます。

クレジットカード利用での過払い請求

キャッシング枠をクレジットカードで利用した人は、もしかすると過払い金が発生しているかもしれません。キャッシング枠を利用するとATMから限度額の範囲内で現金を引き出すことができます。この場合、カードで引き出すお金は、カード会社から借りたお金ということになります。

つまり、クレジットカードのキャッシング枠機能を使うと、多重債務者などの様に銀行や消費者金融などの貸金業者のカードローンを利用したのと同様に「借金」をしたことになります。返済時に法律の上限を超えた「利息」を払っていれば、過払い請求の対象になります。

過払い請求はなるべく早く行動しよう

とある金融業者への支払いに間に合わず、他のところから新たな借り入れをして、補填を繰り返しているうちに多重債務者になってしまったという方もいます。返済に精神をすり減らし、完済の目処が経たないのであれば、弁護士などに債務整理相談をしてみてはいかがでしょうか。

債務整理手続きをすると、債権者へ通知がいき、督促の連絡がストップします。また、近年テレビCMで耳にする機会が増えた過払い請求についても、アドバイスをしてもらえます。過払い請求は完済してから10年経過してしまうと時効になってしまうため、心当たりがあるなら早めに手続きした方がいいです。

過払い請求は多重債務の人ほど多く帰ってくる

多重債務などで過払い請求ができると広告やCMで目にする機会は増えていると思いますが、過払い金に該当する者は全額取り戻すことができるのです。そのため、多額の借金をしている人ほど取り戻せる金額も多くなり、借金返済が楽になります。

弁護士など法律に詳しい方を頼ると正しい利率で計算していたのかわかるので、安心して確認してもらえるでしょう。また、弁護士に依頼するのにも費用が掛かると思いますが、過払い請求で帰ってくる金額の方が圧倒的に多いので、そこから依頼費用を捻出事が出来て、実質的に無料で依頼できるようになっています。

過払い請求は早めに行動を

過払い請求でお金を取り戻せる、と最近よくコマーシャルや広告などで謳われていますが、メリットだけではなくデメリットも知っておくべきです。借金の払いすぎた利息を返してもらうために行う請求には、期限があります。貸金業者との最後の取引、つまり返済をしてから10年間です。

このため早めに請求の行動を起こすべきでしょう。過払い請求や多重債務では、計算や手続きがさらにややこしくなります。請求について専門的な知識や実績を持っている司法書士などに相談することで、そもそも請求をするメリットがあるのかどうかも見極めてもらえるのです。

過払いの請求関連

MENU

TOP 過払いとは 過払い請求と時効 債務整理 債務整理する際の注意点 交通事故弁護士 弁護士 離婚相談