過払いの請求費用

債務者である本人が申立てを行う場合
費用は一切かかりません。
弁護士や司法書士の方に依頼する場合その依頼先によって前後することもありますが、一般的に取り戻せた過払い金額の20~30%と言われています。


司法書士事務所に相談する

消費者金融やクレジット会社などから長期間の借り入れがある場合、利息を払いすぎて貸金業者に利息の過払いが生じている可能性があります。

現在もまだ支払いを続けている場合、過払い請求をすることにより、借入額が減額されたり、場合によっては過払い金が現在の借り入れ残高を上回り借金が無くなり、支払いすぎた分が逆に消費者金融やクレジット会社から支払われることもあります。

これらの手続きは個人で行うことも可能ですが、手続きは煩雑で素人が行うのは困難です。法律の専門家である弁護士や司法書士に相談することをお勧めします。

弁護士は敷居が高いと思っている方でも、司法書士事務所なら相談しやすいのではないでしょうか。

過払い請求のメリットは何か

多重債務者などが過払い請求をする場合のメリットはたくさんあります。この請求では、多重債務者などはどんな理由・原因の借金でも、過払い金を取り戻すことができます。過払い請求は法的に認められている手続きです。

そのため貸金業者などから嫌な視線を向けられて手続きできないことがありません。それどころか請求することによって、抱えている借金を返済している場合は督促がストップします。個人で過払い金請求を行うと、封書などによって家族にも知られてしまう危険性がありますが、法律家に依頼すれば秘密厳守のため誰かに知られることなく、返還請求を行えるようになっています。

クレジットカードの過払い請求

多重債務者などの様に今までに消費者金融を利用したことがない場合、自分には過払い金はないと思っている人が多いかもしれませんが、クレジットカードを利用していても過払い請求できるケースがあります。

相談者から「クレジットカード会社(信販会社)は堅いイメージがあったので、違法な利息を取っていたと思わなかった」という声もよくありますが、クレジットカードでも過払い金が発生しているケースがあります。クレジットカードの過払い金を請求できるときは注意点があります。注意点を知っておくことで損をなくせますが、クレジットカードの過払い請求方法を知っておくと良いでしょう。

過払い請求をする際のメリットとデメリット

多重債務でお困りの方、過払い請求で払い過ぎたお金を取り返そう、取り返してハッピーになった人が沢山いるといった、該当者なら思わず飛びついてしまいそうなCMや電車内での広告が非常に多くなっています。

これが全て真実なら問題ありませんが、実情はそれ程甘くありません。しかし、裁判所が払いすぎた利息を返還しなければならないと判断を出したため、過払い金請求が現在できるようになっています。過払い金は過去に返済していた借金の利息と、現在の利率が異なっていることで生じた差額分のことで、本来よりも多く支払っていた可能性がある方はしっかりと再計算してみることで請求を行えるかもしれません。

過払いの請求関連

MENU

TOP 過払いとは 過払い請求と時効 債務整理 債務整理する際の注意点 交通事故弁護士 弁護士 離婚相談