長引く事もある過払い請求

生活費を抽出する事も大変だと感じている人にとって、過払い請求を行う事で少しでもお金が戻ってくるのであれば、できるだけ早くしてほしいと思っている人も多いでしょう。

でも、過払い請求というのは時には裁判所を通してやり取りを行わないと行けない事もあり、依頼者の代理として弁護士などが金融機関とやり取りを行ってくれます。

最終的に、自分の口座にお金が振り込まれるのは、法律家に依頼してから何カ月も後になってしまう事もあります。

取引履歴の開示を依頼したり、裁判を起こした場合には、もっと長引いてしまう事もあります。

数日や数週間ほどの短期間で戻ってくるというのは考えにくい様です。

過払い請求はなぜ発生するのか

過払い請求は借入に対して返済する場合、本来は払わなくてよい利息に対して借りた側が貸した側に対して請求をする事です。多重債務を抱えている場合、借りる事が第一という考えになり利率に関係なく借りてしまう事が多い為、そのような借入状態の方は過払い請求をすれば、お金が戻ってくる可能性が高いと思います。

そもそも、なぜ発生するかというと借入の利率に関する部分の法律が曖昧(いわゆるグレーゾーン)だからです。きちんと法律が整備されていれば、決められた以上の利率では貸す事ができないはずですし、借りる方も高い利率で借りなくてもいいからです。ただ、急に法律を変える事は難しいですかね。

払いすぎた利息は過払い請求で取り戻せる

過去に背負ってしまった、多額の借金による多重債務を完済していても、払いすぎた利息は過払い請求で取り戻すことができる可能性があります。そのためには、弁護士等の専門家に相談すると良いでしょう。その中でも、過払い金を専門に取り扱っている事務所であれば、過払い金を取り戻せる確率が上がります。

専門の事務所は、豊富な実績があり、きっとお役に立てることになると思います。個人で、請求することもできますが、膨大な時間と労力がかかってしまい、本業の仕事がおろそかになってしまうこともあります。まずは、自分で調べてみて相談してみてはいかがでしょうか。

請求出来る期限がある過払い請求

過払い請求をされる方には、多重債務で苦労されている人がたくさんいらっしゃるかと思います。自分が返済した借金で過払い金があった場合は、返済に充てる事も可能ですので過払い金の確認は重要な事だといえます。しかし、過払い金には請求出来る期間があることも知っておく必要があります。

民法上では、過払い金を請求出来る権利である債権を一定期間行使しなかった場合は、権利が消滅してしまいます。この期間は最終取引日から10年とされているため、10年が経過してしまうと請求が出来なくなってしまいます。過去の過払い金請求を考えている方は最終取引日を確認の上で、お近くの弁護士に相談されるとよいかと思います。

多重債務と過払い請求について

借金があちこちにあって月に何回も支払日がある、いわゆる多重債務によって、1日の大半を借金のことばかり考えていませんか?そんな方には法律事務所で行なっている、過払い請求の相談がおすすめです。この請求は賃金業者に払いすぎたお金を返還してもらうことです。

数年以上借金の返済を続けて支払っている方には、可能性として今まで支払っていた金額が過払いになっているかもしれません。そこで、過払いになっていないか調べてもらってから過払い請求をすることによって、過払い分を返還してもらえるので今の借金を減らしたり完済したりといった可能性も充分にあります。

過払いの請求関連

MENU

TOP 過払いとは 過払い請求と時効 債務整理 債務整理する際の注意点 交通事故弁護士 弁護士 離婚相談